発生再生シグナル研究ユニット

研究紹介

発生再生シグナル研究ユニットでは、私たちの体の形づくりの基本となる中胚葉・神経組織の形成機構、および幹細胞組織の形成・維持や組織再生の機構を調べています。「私たちの体の各部分は、どのようにして作られるのでしょうか?」 「なぜ両生類は失った組織・器官を再生できるのでしょうか?」 これらの疑問に答えることが、研究目標です。受精卵から個体を形成するまでの過程を「発生」と呼びますが、カエルの卵は、ヒトやマウス(哺乳類)と比べると、とても大きく、動物の発生・再生現象を容易に調べることが出来ます。発生の進行も早く、遺伝子導入やゲノム編集の手法も確立されているので、体の形づくりを調節している遺伝子の機能も迅速に解析できます。また、ヒト疾患の原因遺伝子をカエルの実験系で解析することで、疾患の発症機構を詳細に調べることが可能です。最近では、Zbtb14遺伝子が背腹軸と頭尾軸の形成に重要なこと(2018年)、自閉症関連遺伝子・Clk2が神経形成を促進すること(2019年)、またJunB遺伝子が組織再生に必須であること(2020年)を発見しました。

スタッフ

准教授 鈴木 厚 博士(薬学)

リンク

広島大学研究者総覧*

理学研究科「研究者への軌跡」

研究員 竹林 公子 博士(医学)

リンク

researchmap

*「広島大学研究者総覧」では教員の連絡先、教育担当状況、研究業績などが閲覧できます(公開項目は教員によって異なります)。

学部生・大学院生・研究生

博士課程後期3年 Regina Putri Virgirinia
博士課程後期2年 中村 誠

博士課程前期2年 高橋 恵理
博士課程前期1年 森山 侑夏

学部4年 川喜田 樹
学部3年 福本 孝明

ユニットからのメッセージ

生物科学科の学生はもとより、他大学からの学生や留学生も集い、研究室は賑やかです。研究室のメンバーと共に、基礎科学に貢献し、近い将来に医学・薬学の役に立つような研究を目標にしています。高校生の教科書に載るような重要な発見を目指しています。また、教育面では、中学・高校教員との連携も行っています。一緒に楽しく研究しましょう!